視覚の種類ごとの特徴を知ろう

コーヒー

自宅で本格的なコーヒーを淹れるための知識が欲しい、独立開業して自分だけのカフェをはじめたい等という人もいるのではないでしょうか。そんな際に、取得しておいた方が色々と便利な資格があるという事をご存知でしょうか。現在、日本にはこうした資格が増加傾向にあります。その中には、持っていると周りに一目置かれるような趣味として楽しむためのものや、スキルアップのために取得する人もいる、本格的な知識等を問われるものまで様々あります。最も手軽に受けられるものの代表としては、コーヒーコーディネーターと呼ばれるものが挙げられます。美味しいコーヒーの淹れ方の基礎から、オリジナルブレンドの作り方、さらにはそれらに合う料理の作り方等、幅広く基礎的な知識が身に付きます。その他、基礎的なものとしては大手メーカーが認定するものもあります。本格的な知識等を身に付けたいという人が受けるべき資格の1つが、コーヒーインストラクター検定です。これは良い豆を鑑定したり、豆の評価等といった総合的な知識を問われる資格で、最上級の資格である鑑定士の合格率は約5%ともいわれています。その他、指定の協会による実技の講習や独自の認定試験等を経て取得する事が出来るコーヒーマイスターや、味覚や嗅覚のテスト等に重点を置くQグレーダーというものも、カフェ等の独立開業の際にあると良いと言われています。

なぜ今熱い視線を集めているのか

コーヒーをいれる女性

こうしたコーヒーに関する資格は、今色々な人の間で注目を集めています。その大きな理由の1つに、個人が各種SNS等での発信がしやすくなったという点があります。自分で淹れるコーヒーの良さを多くの人に知ってもらいたい、その美味しさを引き立てる料理を作ってより魅力的に魅せたい等というニーズの高まりの結果が資格取得の動機となっています。実際に資格の取得を行って、より美味しいコーヒーを楽しむと同時に魅力を発信するという一石二鳥の使い方をしている人も少なくありません。

独立開業への機運の高まりも要因の1つ

コーヒー

また、カフェや喫茶店等の独立開業の機運が高まっているというのもコーヒーの資格への注目度を高める要因となっています。テレビやネット等のメディア媒体に取り上げられる事の多いカフェ等に憧れて開業を考えるという人が増加傾向にあります。これまでの職務経験の証明として、あるいは資格を取得して1からカフェ開業を目指すため等、様々な目的で資格取得を目指す人が増えたのも要因の1つです。今後もこうした傾向は続いていき、コーヒーに関する資格の人気は続いていくとされています。

広告募集中