HOME>オススメ情報>実習が多いので、基礎から学んで最終的には自分でレシピを考案できるまでに

実践的な専門教育の場

カフェ店員

調理師の資格を高校で取得できる制度ができたことで、中学を卒業後専門の道に進み、通常よりも早く自立して社会に出ることができる優れた制度です。実践的な専門教育期間としての役割を担っているので、カリキュラムの中心は調理実習になります。基礎から学び、最終的には自分が考案したレシピで制限時間内に大人数の料理を用意することを目標とした授業内容になっているのです。授業の中心が実習なので、講師の指導を受けながら技術を学ぶことができると評判です。卒業後の進路は調理師として飲食店への就職を目指す人が大半を締めます。料理だけでなく、最近ではスイーツの製作授業も評判です。

高等学校の卒業資格を同時取得

調理

調理の専修学校では、高校の普通科の授業に加えて調理師の免許を目指すコースで並行して学びます。そのため、普通科のカリキュラムと調理に関するカリキュラムが共存している状況になります。通常、専門学校では2年間で調理師免許を取得しますが、専修高校は3年かけて資格の取得を目指します。その変わり、中学卒業資格さえあれば、誰でも専修高校で学ぶことができ、高校を出てから専門学校へ進学するよりも遥かに近道であることがわかります。

栄養士の資格も取得できるカリキュラム

調理師

専修高校のカリキュラムに沿って学ぶことで、栄養士の資格を取得することができます。調理師免許だけでなく、栄養士の資格があれば、様々な施設でも働くことができます。栄養士の資格を持っていることで、ただ言われたとおりに調理をするだけでなく、栄養バランスの摂れたレシピを自ら考え、調理をして提供するまでを担うことができます。そのため、調理師免許と栄養士の免許は双璧をなしており、就職に強い資格として注目されているのです。

広告募集中